睡眠障害が睡眠サプリの効果で解消

densyadeneru

うつ病を長年患っていて、その症状の一つとして睡眠障害に苦しんできました。

睡眠障害というと、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒の3つがありますが、私の場合は、そのどれかに限定されず、日によって入眠障害になったり、中途覚醒で夜中に目が覚めて寝むれなくなったり、朝の4時ころに目が覚める早朝覚醒になったり、という状態でした。

通院している精神科の医師にもそのことは訴え、今までにあらゆる睡眠薬や、導眠剤などを処方してもらいました。

いわゆる西洋の薬もありましたし、時には漢方薬を出されたこともありました。

518380699_4a4beef2d9_z

しかし、これは私の場合明確に言えることなのですが、1つとして効果のあった薬はありませんでした。どの薬を飲んでも、全く睡眠障害は解消されなかったのです。

それで医者もそれについては途方に暮れてしまい、私もいたずらに薬を余計に処方されるのも嫌だったので、入眠障害の薬は飲むのを止め、治すことをあきらめていました。

そんな時に目にした睡眠サプリメントを、最後の手段というか、かなり効果を疑わしくは思ったものの、ほかに手段もないので試してみることにしました。

すると、最初のうちは効果がありませんでしたが、2週間も飲み続けていると、睡眠障害が徐々に薄らいできました。入眠障害も起きなくなりましたし、夜中にも早朝にも目が覚めてしまうということがなくなりました。

e49f9d6448fdde93739b8da37677f011_s

私には医薬品よりも睡眠サプリのほうが身体にあっていたようです。

いまでは、しっかりと睡眠をとることができています。

睡眠薬を辞めるには、睡眠サプリが一番でしょう。

サプリを選ぶ時に参考にしたのは「睡眠サプリランキング」です。

トリプトファンのサプリが効いてきた

私はうつ病を患っていて、その症状の一つで睡眠障害を抱えています。

まず、寝ることができない「入眠障害」、寝ても2~3時間すると途中で夜中に起きてしまいそれから寝られなくなる「中途覚醒」、朝の4時ころに目が覚めてそれから眠れなくなる「早朝覚醒」のどれかが、毎日発症しています。

一応うつ病の薬と睡眠薬を処方してもらっているのですが、体質なのか、全く睡眠薬は効果がありません。
そこで何とかしたいと思い、ネットで、「睡眠障害 サプリメント」で検索した結果、「トリプトファン」という物質が入っているサプリメントが睡眠障害に効果がありそう、ということがわかりました。

メカニズムとしては、トリプトファンを飲むと、体内でまず、うつ病と睡眠に効果のある「セロトニン」という物質に変わります。そしてセロトニンが、睡眠に効果のある「メラトニン」に変わる、というものです。

それで、早速トリプトファンの快眠サプリを取り寄せて、朝晩500mgづつ、合計1000mgを1日に飲み始めました。

すると、1週間ほどして、入眠障害がまずなくなり、それから夜中に目が覚める中途覚醒がなくなりました。今までは、2時間も寝ると必ず目が覚めて、それっきり眠れなかったものが、なんとか6時間は連続して睡眠がとれるようになってきました。

ほかのサプリも薬も飲んでいないので、まさにトリプトファンの効果だと思います。

夏だ、恋愛だ、もめごとだ(笑い)

夏と言えば、やっぱり恋愛ですよね。

男子も女子も夏になると「彼氏」・「彼女」を作ろうと躍起になります。

まぁ、私には関係のない話ですが友人は必死になって「彼女」を探しています。(笑)
そんな感じで此間彼女と揉めました。めちゃめちゃ揉めました。

何で揉めたのかというとズバリ、着物の色についてです。しょうもないと思うかもしれませんがそこは勘弁してください。

流れはこうです。彼女に「どっちの着物がいい」と聞かれたので普段なら「ピンク」と答えるところを今回だけ「水色」と答えました。

彼女が「なんで」というので「普段ならピンクの方が似合うと思うけどたまには水色もいいんじゃないかな」と答えました。

そしたら、「なんで、今日に限ってピンクじゃないの」と若干キレられました。その後も着物を選ぶ際に「水色の方がいいんでしょ」と常に言われ続け、2時間くらい永遠とたかが色で揉めていました。

はい、正直めんどくさかったです。まぁ、でもそれが女性なのでしょうがないかもしれませんね。(笑)

これから「彼女」を作ろうとする方はわがままな所やよく分からないところで女性はキレますので注意してください。

こんな感じで最近の揉めたしょうもない出来事でした。

飛び交う嵐 ポップコーン

此間、友人たちとトウモロコシをポップコーンにしてみようということで大量のポップコーンづくりをしていました。

とりあえず、トウモロコシを20本ぐらい買ってきて身をすべて芯からとりフライパンで炒めて行きましたがポップコーンってめちゃめちゃ難しいんだと知りました。

まず、映像とかでよくあるポップコーンみたいにうまくはじけ飛んだりすべてがすべてポップコーンになるわけではありません。
おまけにポップコーンになる際ものすごい速さで飛んでくるので当たると地味に痛いのととても熱いです。

作っている最中に友人の一人が蓋を閉め忘れそこだけ、ポップコーンが飛びまくっているという異常な光景になったくらいです。

とりあえず、蓋を閉め忘れた友人に熱いポップコーンが飛び交う中蓋を閉めにいかせその光景を見ながら他の友人たちと大爆笑をしていました(笑)
その友人は「やけどしたぁ」といいながら大急ぎで氷をとりにいって水で腕を冷やしていましたけどね。自業自得かと思います。

こんな感じでポップコーンを作りながら、家とかで気軽にやるもんじゃないなぁこれはと痛感したポップコーンづくりでした。ほんとやるもんじゃないですね、見てて楽しいですけどね。

街を良くしたいです

家に帰ると、5分ほどして、すぐに隣のおじいさんが現れました。うちの2階のリビングを見るために、道路をわざわざ横切っています。その姿を見るたびに参ってしまいます。おじいさんのすきを狙って、自転車で一気に戻らなければなりません。声も聴きたくないのです。醜い甲高い声で,「きちがい」とつぶやきます。私にだけ聞こえるようにです。やっと、姿を見られずに帰ってきました。郵送物をとってです。

すると、今度は子供が駅から帰るのに家の前を通ると、おじいさんがうろうろしていたというのです。子供の送り迎えの時間だったのです。また、待ち伏せです。たまたま、送り迎えのない日で、随分とうろうろしたのでしょう。子供には家の前と違う道を行くように話しました。しかし、いやだといいます。お友達と一緒ですが、子供を見られるのもいやです。

中学生が良くなって、たむろしなくなっているから、今度は70代のおじいさんがたむろし、円陣を組みます。東京だったらこんなことにはならないと思います。京都の特別な理由があるのです。それでもだいぶましになってきたのに、どうしても負けないと嫌がらせを続けます。街が良くなるのが嫌な人がいて、それをどうにかしてほしいです。